文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. リュウキュウアセビ

リュウキュウアセビ

  • リュウキュウアセビ
開花時期 3月 4月 5月
花の特徴
常緑低木で、高さ1.5-3m。若枝は無毛。花期は3-4月、枝先に円錐花序を下垂し、多数の花をつける。蒴果は径約5mmで扁球形。
葉の特徴
葉柄は長さ3-6mmで無毛、葉身の基部が翼状につく。葉身は長さ4-7cm、幅0.8-2cm、倒披針形で、縁は上から1/3ほどまで浅い少数の鈍鋸歯があり、先はやや鈍く、下部は次第に狭くなり葉柄に流れ、表面は主脈が盛り上がり、微毛が散生するほかは無毛で、裏面は無毛。
実の特徴
種子は長さ約2mmで長楕円形。
その他
情報・写真提供元:筑波実験植物園-リュウキュウアセビ
大きさ・高さ 1.5~3m
分布 琉球(沖縄島)
名前の読み りゅうきゅうあせび
分類 ツツジ Ericaceae科
学名 Pieris koidzumiana Ohwi

リュウキュウアセビ

今咲いている花

6月に咲く花

  • ハコベ

    色:
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:茎のつけ根に花径4~6ミリの小さな白い五弁花をつける。 細い花びらが10枚あるように見えるが、これは5枚の花びらがそれぞれ2つに深く裂けているためである。

  • サンカヨウ

    色:
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:花は茎の先に3輪から15輪くらいまとまってつく。 白い花びらは6枚あり、花径は2センチくらいである。 花の中央に黄色の雄しべと黄緑色の雌しべがある。 葉と合わせて色のコントラストが美しい。 ただし、花は散りやすく、これをとらえるのはなかなかむずかしい。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ