文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. リュウキュウツツジ

リュウキュウツツジ [琉球躑躅]

  • リュウキュウツツジ
  • リュウキュウツツジ
花の色
開花時期 4月 5月
花言葉
愛の喜び
花の特徴
花の色は白く大輪である。 そこから、白琉球(シロリュウキュウ)の別名がある。 花は径5~6センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 上の裂片に淡い黄色の斑点が入る。 雄しべは10本である。
葉の特徴
葉は倒披針形である。 両面に軟毛が生えるが、表面のものはやがて落ちる。 琉球躑躅(リュウキュウツツジ)の葉には春葉と夏葉がある。 春につき秋に落ちる葉を春葉という。 夏から秋にかけてつき越冬する葉を夏葉という。 春葉は先が尖り、夏葉は尖らない。 落葉をするが冬の間も葉があるということで、「半落葉」ないし「半常緑」という分類がされている。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、長さ1センチくらいの細長い卵形である。
その他
和名の由来は、琉球を経由して広まったことからきている。 園芸品種には赤紫色のものなどがある。
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2m
分布 園芸品種 江戸時代から栽培されており、岸躑躅(キシツツジ)と黐躑躅(モチツツジ)の交雑種とする説が有力
名前の読み りゅうきゅうつつじ
分類 ツツジ科 ツツジ属
学名 Rhododendron x mucronatum

リュウキュウツツジの360度画像ビューワー

リュウキュウツツジの画像ビューワー1

リュウキュウツツジ [琉球躑躅]

今咲いている花

4月に咲く花

  • グズマニア

    色: オレンジ
    大きさ:30~50センチ
    花の特徴:中心の花びらのようなものは苞(ほう)で開花期が近付くと色づく。 花はその中心に咲く。

  • トキワガマズミ

    色:
    大きさ:200~300cm
    花の特徴:小さな花が密集して咲き7cm程の花序になる。花には芳香がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン