文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. レッドロビン(ベニカナメモチ)

レッドロビン(ベニカナメモチ) [Red Robin]

  • レッドロビン(ベニカナメモチ)
  • レッドロビン(ベニカナメモチ)
花の色
開花時期 5月 6月
花言葉
賑やか
花の特徴
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い小さな5弁花をたくさんつける。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。 葉の長さは10センチくらいである。 葉の質は革質で艶がある。
実の特徴
ほとんど結実しない。
その他
病害に弱い要黐(カナメモチ)に取って代わって生け垣などに多用されている。 要黐(カナメモチ)も大要黐(オオカナメモチ)も日本原産だが、アメリカで育成されたので西洋要黐(セイヨウカナメモチ)の別名がある。
生育地 生け垣など
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2m 葉は要黐(カナメモチ)よりやや大きく、新葉の赤色も強い。
分布 園芸品種 要黐(カナメモチ)と大要黐(オオカナメモチ)の種間交雑種
名前の読み れっどろびん(べにかなめもち)
分類 バラ科 カナメモチ属
学名 Photinia x fraseri 'Red Robin'

レッドロビン(ベニカナメモチ) [Red Robin]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ヤマツツジ

    色:
    大きさ:1~4m
    花の特徴:花の色は朱色のものが多いが、赤味が強いものもある。 花冠は花径4、5センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 裂片には丸味がある。 裂片のうち一番上のもの(上弁)には、濃い斑点がある。 雄しべは5本あり、長く伸びて先が上に曲がる。 白っぽい花粉は数珠のようにつながり、虫に運ばれやすいようになっている。

  • ヒメジョオン

    色:
    大きさ:39~159センチ
    花の特徴:茎先に花径2センチくらいの花(頭花)をたくさんつける。 真ん中に黄色い筒状花があり、周りに白くて細い舌状花がつく。 舌状花は淡い紅紫色を帯びるものもある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ