文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ワレモコウ

ワレモコウ [吾亦紅]

  • ワレモコウ
  • ワレモコウ
  • ワレモコウ
花の色
開花時期 7月 8月 9月 10月 11月
誕生花
8 月 23日
花言葉
愛慕 , 変化
花の特徴
枝分かれした茎の先に、楕円形をした赤紫色の花穂をつける。 1つの花は4枚の萼からなり、花弁はない。 花穂の上から順に咲く。
葉の特徴
葉は茎の下部につくか、根際から伸びる。 奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、5枚から13枚で1組となる。 小葉の形は長めの楕円形である。 茎につく葉は互い違いに生える。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
その他
漢字では「吾木香」「割木瓜」「我毛香」などの文字も充てられる。 根茎は黒褐色で太く、生薬の地楡(じゆ)となる。 下痢止めや、傷の止血、やけどに効くとされる。 また、若葉は食用となり、和え物、油いため、佃煮などにする。
生育地 野山の草原
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~100センチ
分布 北海道から九州 海外では、朝鮮半島、中国、シベリア、ヨーロッパなどに分布する。
名前の読み われもこう
分類 バラ科 ワレモコウ属
学名 Sanguisorba officinalis

ワレモコウの360度画像ビューワー

ワレモコウの画像ビューワー1

ワレモコウ [吾亦紅]

今咲いている花

8月に咲く花

  • ナス

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:葉の脇に淡い紫色の花を下向きにつける。

  • キミガヨラン(ユッカ)

    色:
    大きさ:150~200センチ
    花の特徴:茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、花径5~6センチの淡いクリーム色をした鐘形の花をたくさんつける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ