文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. コデマリ

コデマリ [小手毬]

誕生花
4月 24日
花言葉
気立ての良い
コデマリ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 4月5月
花の色
名前の読み こでまり
分布 原産地は中国の南東部
日本へは観賞用としてかなり古い時代に渡来
江戸時代初期の園芸書「花壇綱目」には既に掲載
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 100~150センチ
分類 バラ科 シモツケ属
学名 Spiraea cantoniensis
花の特徴
1つ1つの花は花径1センチに満たない白い5弁花である。
これが15輪から20輪集まって丸い花序をつくる。
葉の特徴
葉の形は披針形ないし長い楕円形で柄があり、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)で、5つのブロックからなる。
この花について
枝先にこの毬状の花序がたわわに並ぶ様子から小手毬(コデマリ)と呼ばれるようになった。
別名を鈴懸け(スズカケ)とも言う。
これは枝に鈴をかけたようだという意味合いである。
俳句の季語では春である。
属名の Spiraea はギリシャ語の「speira(螺旋)」に由来する。果実が螺旋状になるものがあることから名づけられた。
種小名の cantoniensis は「(中国の)広東の」という意味である。
その他
PHOTO1撮影者:アクアマリンさん/PHOTO2撮影者:mahaloさん
  • 花をまわして見る
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2
  • もっと見る
  • 花を動画で見る

「コデマリ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
4月5月
同じ月の誕生花
4月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!