文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. イトバハルシャギク

イトバハルシャギク [糸葉春車菊]

  • イトバハルシャギク
  • イトバハルシャギク
花の色
開花時期 6月 7月 8月 9月
花の特徴
茎の上部に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、 花径5センチくらいの黄色い花(頭花)をたくさんつける。 舌状花は8枚で、キバナコスモスに似ている。
葉の特徴
細く切れ込んで糸状に分裂し、輪になって生える(輪生)。
実の特徴
そう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)
その他
属名の Coreopsis はギリシャ語の「coris(南京虫)+opsis(似た)」に由来する。そう果の形が南京虫に似ていることから。 種小名の verticillata は「輪生の」という意味である。
生育地 平地
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~40センチ
分布 北アメリカの東部
名前の読み いとばはるしゃぎく
分類 キク科 ハルシャギク属
学名 Coreopsis verticillata

イトバハルシャギクの動画

イトバハルシャギク [糸葉春車菊]

今咲いている花

10月に咲く花

  • ゲンノショウコ

    色:
    大きさ:30~50センチ
    花の特徴:葉の脇から出た花柄の先に小さな5弁花をつける。 雄しべは10本ある。 雌しべの花柱の先は5つに裂ける。 萼片は5枚である。

  • ナンバンギセル

    色: その他
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:葉のわきから花柄を立て、その先にパイプに似た筒形で薄紫色の花を横向きにつける。 花冠の長さは3センチくらいで、先は浅く5つに裂ける。 花の中には黄色い球のような雌しべの柱頭があり、その下に雄しべが4本ある。 花のつけ根には舟形の萼がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ