文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. キタコブシ

キタコブシ [北辛夷]

  • キタコブシ
名前の読み きたこぶし
分類 モクレン科 モクレン属
学名 Magnolia praecocissima var. borealis

キタコブシ [北辛夷]

今咲いている花

11月に咲く花

  • センニチコウ

    色: ピンク
    大きさ:40~50センチ
    花の特徴:茎先にボンボンのような丸い花(頭花)をつける。 花のように見え丸い部分は苞(花のつけ根につく葉の変形したものが発達したものである。 花の色はピンク、白、紅紫などがある。

  • ハナシュクシャ

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:短日植物で、夕方になると香りのよい白い花を開く。 花の仕組みも独特である。 花被片は6枚あるが、外花被3枚は合着して花のつけ根にある。 内花被3枚はつけ根は合着し、先が3つに分かれる。 もう1枚、唇形の花びらがあるが、これは雄しべが花びらの形になっている。 また、飛び出している蘂は、雄しべと雌しべが1つになったものである。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ