文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ゴボウ

ゴボウ [牛蒡]

  • ゴボウ
  • ゴボウ
花の色
開花時期 7月 8月
花の特徴
花茎の先に薊(アザミ)に似た紫色の花(頭花)をつける。 花径は4センチくらいあり、筒状花で構成される。
葉の特徴
葉は根際から生え、長い柄のある心臓形である。 葉の裏には柔らかい綿毛が密生している。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
その他
根を野菜として食用にするのは日本と台湾、朝鮮半島だけだそうである。 2年以上の株を干したものを生薬の牛蒡根(ごぼうこん)といい、食欲増進、発汗利尿などの薬効がある。 種子を干したものを生薬の悪実(あくじつ)といい、抗菌、血糖降下、血管拡張などの薬効がある。 属名の Arctium はギリシャ語の「arktos(熊)」からきている。 種小名の lappa はごぼうのラテン名である。
生育地
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 40~150センチ
分布 原産地は北部ヨーロッパ、シベリア、中国東北部など 日本へは古い時代に中国から薬用として渡来 平安時代の文献には既にその名が登場する。
名前の読み ごぼう
分類 キク科 ゴボウ属
学名 Arctium lappa

ゴボウ [牛蒡]

今咲いている花

8月に咲く花

  • ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)

    色:
    大きさ:20~60センチ
    花の特徴:花は淡い青紫色をした鐘形で、数輪ずつ輪生する。 花の色は濃いものや薄いものがある。 花冠の先はやや広がり、雌しべの花柱が長く突き出る。

  • ハクチョウソウ(ガウラ)

    色:
    大きさ:80~100センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い4弁花をつける。 花径は2~3センチである。 花の色は桃色のものもある。 一日花で、下から順に咲き上がる。 雄しべは8本である。 雌しべは1本で、柱頭は4つに裂ける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ