文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. シャーレーポピー(ポピー)

シャーレーポピー(ポピー) [Shirley poppy]

  • シャーレーポピー(ポピー)
  • シャーレーポピー(ポピー)
花の色 ピンク
開花時期 4月 5月
花の特徴
花径は5~8センチくらいである。 花の色は紅色、ピンク、白などのものがある。 原種は4弁花だが、本種には八重咲きのものが多い。 花びらには紙を揉んだような皺がある。
葉の特徴
根際から生える葉は、羽状に深く裂ける。 茎には葉はつかない。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
PHOTO1撮影者:[つんつん http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=12830 _blank]さん/PHOTO2撮影者:[F AGNER MTC http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=12635 _blank]さん
生育地 庭植え
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 40~60センチ
分布 原産地は南ヨーロッパ 雛罌粟(ヒナゲシ)の園芸品種 1880年ころに作出され、今日栽培されるものはほとんどこの品種
名前の読み しゃーれーぽぴー(ぽぴー)
分類 ケシ科 ケシ属
学名 Papaver rhoeas Shirley

シャーレーポピー(ポピー) [Shirley poppy]

今咲いている花

10月に咲く花

  • マツムシソウ(スカビオサ)

    色:
    大きさ:50~90センチ
    花の特徴:真っ直ぐ伸びた茎の先に青紫色の花(頭花)をつける。 花序の直径は3センチから5センチくらいである。 花序の中央にある花は筒状で小さく、周囲の花は唇形で大きい。 総苞片(花序全体を包む葉の変形したもの)は線状である。 雄しべは4本で、葯は青い色が濃い。

  • キチジョウソウ

    色:
    大きさ:10~30センチ
    花の特徴:淡い紅紫色の花が穂状につく。 花は下から上へと咲き上がっていく。 花びら(花被片)は6枚あり、まくれるように反り返る。 花びらの外側は濃い紅紫色、内側は淡い紅紫色である。 6本の雄しべと1本の雌しべが花の外に突き出している。 花は葉より低いところにつくので、なかなか見つけにくい。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ