文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. タムラソウ

タムラソウ [田村草]

  • タムラソウ
  • タムラソウ
花の色
開花時期 8月 9月 10月
花の特徴
茎先に紅紫色の花(頭花)を上向きにつける。 花は薊(アザミ)によく似ている。 舌状花はなく筒状花だけで構成される。 花の下にある総苞は細長い三角状である。
葉の特徴
葉は大形の細長い楕円形で、互い違いに生える(互生) 葉は羽状に深く切れ込むが、刺がない。
生育地 山地の草原など
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~150センチ
分布 本州から九州にかけて分布
名前の読み たむらそう
分類 キク科 タムラソウ属
学名 Serratula coronata var.insularis

タムラソウ [田村草]

今咲いている花

1月に咲く花

  • ストック・ベイビー・マリン

    色:
    大きさ:20~30cm
    花の特徴:花は半八重~八重咲きで、香りが強い。

  • セイヨウタンポポ

    色:
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:特徴は、開花時に「総苞片」と呼ばれる萼のように見える部分が反り返ることである。 葉の脇から花茎を出し、花径3センチから5センチくらいの黄色い花(頭花)を1つつける。 花茎は中空で、枝分かれをしない。 頭花は舌状花のみからなる。 舌状花の花冠裂片の先は5つに浅く裂ける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ