文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ハナシュクシャ

ハナシュクシャ [花縮紗]

  • ハナシュクシャ
  • ハナシュクシャ
  • ハナシュクシャ
花の色
開花時期 7月 8月 9月 10月 11月
誕生花
7 月 16日
花言葉
あなたを信頼します
花の特徴
短日植物で、夕方になると香りのよい白い花を開く。 花の仕組みも独特である。 花被片は6枚あるが、外花被3枚は合着して花のつけ根にある。 内花被3枚はつけ根は合着し、先が3つに分かれる。 もう1枚、唇形の花びらがあるが、これは雄しべが花びらの形になっている。 また、飛び出している蘂は、雄しべと雌しべが1つになったものである。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Hedychium はギリシャ語の「hedys(美味)+chion(雪)」からきている。花が雪のように白く甘い香りがすることから名づけられた。 種小名の coronarium は「花冠のある」という意味である。 流通名はジンジャーである。 これは英名のジンジャーリリー(ginger lily)やホワイトジンジャー(white ginger)からきたものである。 英名のジンジャー(ginger)は生姜(ショウガ)のことだが、それとは異なる。 花から香水用の精油を取るために栽培され、また観賞用に栽培される。 キューバ共和国とニカラグア共和国の国花である。
その他
PHOTO1撮影者:[タクチャン http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=10248 _blank]さん/PHOTO2撮影者:[和花 http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=9634 _blank]さん
生育地 畑、 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 原産地はインド、マレー半島。 日本へは江戸時代に渡来。 九州や沖縄では野生化。
名前の読み はなしゅくしゃ
分類 ショウガ科 シュクシャ属
学名 Hedychium coronarium

ハナシュクシャの360度画像ビューワー

ハナシュクシャの画像ビューワー1

ハナシュクシャ [花縮紗]

今咲いている花

10月に咲く花

  • キミガヨラン(ユッカ)

    色:
    大きさ:150~200センチ
    花の特徴:茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、花径5~6センチの淡いクリーム色をした鐘形の花をたくさんつける。

  • リーガース・ベゴニア(エラチオール・ベゴニア)

    色: ピンク その他
    大きさ:10~50cm
    花の特徴:一重・半八重・八重があり、性状も直立系や下垂傾向を示すものなど多様で、直立性で一重のものをシュヴァベンラント系、下垂で八重のタイプをアフロダイテ系と呼んでいる。大輪花の球根ベゴニアに似たタイプのものや、中輪花のものなど様々ある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ