文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ムサシアブミ

ムサシアブミ [武蔵鐙]

  • ムサシアブミ
  • ムサシアブミ
花の色
開花時期 3月 4月 5月
誕生花
5 月 5日
花言葉
威厳
花の特徴
雌雄異株である。 テンナンショウ属特有の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。 花をつつむ仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)は暗い紫色か緑白色である。 仏炎苞には白い縦の筋がたくさん入る。 舷部(仏炎苞の蓋の部分)は袋状に巻き込み、先は前に突き出している。 口辺部(仏炎苞の上部の脇)は張り出して耳のようになっている。 付属体は白い棒状である。
葉の特徴
茎につく葉は2枚ある。 3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、小葉の形は幅の広い卵形である。 小葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はなく、先は鋭く尖る。
実の特徴
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
その他
和名は「武蔵の国でつくられた鐙」を意味する。
生育地 海岸に近い林の中や山地の谷沿いなど
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~50cm
分布 本州の関東地方から沖縄にかけて分布 海外では、朝鮮半島、中国にも分布
名前の読み むさしあぶみ
分類 サトイモ科 テンナンショウ属
学名 Arisaema ringens

ムサシアブミ [武蔵鐙]

今咲いている花

7月に咲く花

  • シラサギカヤツリ

    色:
    大きさ:20~40cm

  • ユウスゲ

    色:
    大きさ:100~150センチ
    花の特徴:長さ10センチくらいの6枚の花びらは先が軽く反り返る。 花の中央には6本の雄しべと1本の雌しべがある。 茎先で枝分かれをして、10輪くらいの花を次々と咲かせる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ