文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ヤブツバキ

ヤブツバキ [藪椿]

  • ヤブツバキ
  • ヤブツバキ
花の色 その他
開花時期 1月 2月 3月 4月 10月 11月 12月
誕生花
11 月 11日
花言葉
わが運命は君の手にあり
花の特徴
花の色は基本的には赤で、花径5~8センチくらいの筒状の5弁花を咲かせる。 雄しべはたくさんある。 離弁花だが花弁のつけ根と雄しべが合着しているので、花びら1枚ずつは散らないで1花ごと落花する。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。 葉の先は尖り、縁には疎らなぎざぎざ(鋸歯)がある。 葉の表面は濃い緑色で艶がある。 葉脈は比較的不鮮明である。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。 種子からは椿油を採取する。
この花について
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。 花の咲き方などに変異が多い。 万葉集のころから知られるが、近世に入り茶花として愛好されて多くの園芸品種が生まれた。 材は工芸品、細工物などに使われる。 俳句の季語は春である。
その他
PHOTO1撮影者:[白い蓮華草 http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=9743 _blank]さん/PHOTO2撮影者:[KITAHO http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=12682 _blank]さん
生育地 林の中
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 10~15メートル
分布 本州の青森県から沖縄にかけて分布。 海外では、朝鮮半島にも分布。
名前の読み やぶつばき
分類 ツバキ科 ツバキ属
学名 Camellia japonica

ヤブツバキ [藪椿]

今咲いている花

2月に咲く花

  • コバノセンナ(カッシア)

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:花径は3、4センチの黄色い5弁花である。 2本の湾曲した雄しべが特徴である。

  • パンジー・キャンティルージュ

    色: ピンク その他
    大きさ:10~15cm
    花の特徴:正式名は「パンジームーランフリルキャンティルージュ」といいます。 ムーランフリルルージュは画期的なフリル咲きパンジーです。イタリア・ナポリの世界最古のナーセリー、ファーメン社が開発したおすすめ品種。育てた方からのリピートリクエストが最も多い、超人気品種! シックで微妙な色合いと豪華なフリルが独特の雰囲気をかもし出します。花茎が長く、よい香りもあります。花壇やコンテナ植えはもちろんですが、切花にしてもたいへん花もちがよく、なんと1ヶ月も楽しめます。花色を取り混ぜて花束にすると本当にきれいです。 ムーランフリルキャンティールージュはシックであでやかな絞り咲き。ワインレッド色のストライプも、シンプルだったり、複雑なストライプのものがあったりと表情豊かです。花壇や寄せ植えのポイントカラーとして使用すると、この花の特徴が生かせます。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ